【MySQL】データベースとは?
初心者向け基礎

スポンサーリンク




はじめに

今回はデータベース(以下DB)とはいったいなんなのか?といったところを初心者の私が初心者目線で説明しています。

ですので、詳しいことというよりは、大枠を理解できればいいなと思います。

DBの基礎

いったい何なの?

まずは下の写真を見てください。

D18B7BD3-C3C5-4E31-BDDE-B8B0B4A2E460
「エクセルですよね?これ」と初めて見た方の中には思った人もいるかもしれません。DBは簡単に言ってしまえばエクセルなんです。

サーバー上にあるエクセルと考えてください。ただエクセルとルールが違いますので、そこだけ押さえておくようにしておきましょう。

何のためのDB?

そもそもDBというものはデータを保管しておくためのベースなのです(そのまんまですいません)。

例えば、TwitterやFacebookではログインって必須ですよね?ログインには大体がIDとパスワードが必要ですよね。

それ以外のてきとーなIDとパスワードではログインできません。

なぜかといいますと、DBにそのデータが存在しない、もしくは一致した組み合わせが保存されてないからです。

DBはこのような入力されたデータを参照したり、はたまた取り出したりすることが出来きます。

実は気づかぬところで、多く使われているものなのです。というより、使われていないものを探す方が大変です。

ログインに必要なDB

それでは簡単に作ったログイン機能で使われているDBを紹介します。

そして、実際にどのように調べているのかも見ていきます。

IDを探す

D18B7BD3-C3C5-4E31-BDDE-B8B0B4A2E460

これは初めに紹介したDBですが、これがログイン機能で利用することができます。ログインできるのはIDとパスワードが同じ行にあるときのみとします。

まずは以下のように入力された場合を考えます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ID = hokkaido
パスワード = sapporo
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

では、まずIDから見ていくことにします。

D18B7BD3-C3C5-4E31-BDDE-B8B0B4A2E460
入力されたIDを左側のIDというカラム名(ピンクで囲われた縦の列の名前)から青い枠内から一致しているデータを探します。

入力されたIDは「hokkaido」と設定しています。それをデータから探してみますと、2行目にあるのが確認できますね。それではつぎの作業に移ります。

パスワードを探す

では、パスワードが一致しているか見ていきます。

D18B7BD3-C3C5-4E31-BDDE-B8B0B4A2E460
まずはIDの「hokkaido」の右側の「sapporo」と入力値が一致しているのかを確認します。実際は「sapporo」と設定してありますので一致しているということになります。

ログイン機能のまとめ

ログインの機能としては
1、入力されたIDが、カラム名がIDのデータ部分と一致しているものを探す
2、一致しているデータの右隣にあるデータと入力されたパスワードが一致しているか確認する。
3、同じであればOK

まとめ

データベースの雰囲気はつかめたでしょうか?このような感じでデータベースは利用されています。ほとんどエクセルですよね。

カラム名などと用語を少し書いていきましたが、他にもいろいろ覚えていかなければならないことがあります。

しかし、大枠はこのような感じで捉えておいてもらえれば問題ないと思います。

また、今回シンプルなログイン機能を見ていきましたが、別の記事でPHP、MySQLといった言語でコードを書いて説明していきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。一緒に勉強していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする