【PHP】POST受信とは?
初心者向け基礎編

こんにちは、たくじろうです(@takujiro_0529) 。

今回はPOST受信について、初心者の私なりにわかってきたことや、ポイントなどをHTMLを使ってざっくりと説明していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




POST受信とは?

はじめに、グローバル変数とかなんとかその辺は省いて、POST受信について大まかに説明します。

POST受信とは相手(HTMLなど)があるデータをPOST形式で送りつけてきたとします。さあPHP側はどういった対処を取れば良いでしょうか。実はものすごく簡単なんです。

POST受信の基本

それではPHPの受信コードを見ていきます。
[php]
<?php

$_POST[‘a’]

?>
[/php]
????!!!!!
はい、これだけです。実は、POST送信されたデータは「$_POST」と変数を書いておくだけで、すべてこの変数に格納されるのです!

ちょっと嘘だろ、と思う方もいらっしゃると思いますので、実際のPOSTでの送受信を行ってみます。

POST受信の実践

HTMLを使ってPHPにポスト送信するためのコードです。
[html]
<html>
<meta charset="utf-8">
<head></head>
<body>
<form method="post" action="サンプル.php">
<p><input type="radio" name="a" value="ありがとう!"/> すごい!!
<input type="submit" value="送信" /></p>
</body>
</html>
[/html]
次はPOST受信するPHPのコードです。
[php]
<?php

$_POST[‘a’]

?>
[/php]
そしてHTMLの画面ととPHPの結果画面を確認します。

D6602EEE-A39F-400A-9C55-CD2B5FD5712B

では簡単な解説をしていきます。HTMLの送信ボタンを押すと、「ありがとう!」という情報を送るものとなっています。

コードの部分ではHTMLの「name=“a”」とPHPの「$_POST[‘a’]」と「a」の部分が一致しているのに気付いた人がいるかもしれません。

これはPOST名といわれるもので、これが一致しているところにデータを送るという意味があります。

次にHTMLの「value=“ありがとう!”」がPOST送信の中身として送られているので、PHPの結果画面では「ありがとう!」が表示されているわけです。

まとめ

PHPでのPOST受信はこんなにも簡単なんです。気を付けなければならないことは、送信側とPOST名を合わせることです。ここさえしっかりと確認しておけば何も問題はありません。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
一緒見勉強していきましょう。

byたくじろう (@takujiro_0529)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする