【MySQL】結果セットとは?初心者向け基礎

スポンサーリンク




はじめに

こんにちは、たくじろうです。今回は結果セットについて図解しながら、わかりやすく説明していきたいと思います。

初めてMySQLを使ったときに、この結果セットという仕様にとても納得することが出来ない時期がありました…

いろいろな記事やマニュアルを読んで調べて、それでもふんわりした知識でやっていたのを覚えています。

ですので、わかりやすさ重視でかきます!

結果セットとは!?

まずは結果セットの位置関係を表した図を書きます。

アイキャッチ画像.007

データベース(テーブル)→結果セット→データ取得といったデータの流れにおいての位置関係の図です。なぜ真ん中に結果セットがあるのだろうか…

結果セットはデータベースを扱っていくと、なぜ結果セットが真ん中に必要なのか、だんだんわかってきます。

今回は結果セットの概要を理解するための記事ですので、伏せておくことにします。

では次に、簡単なテーブルと結果セットとデータ取得に値やコメントを書きつつ、役割と説明していきます。

①テーブルからデータを選ぶ

アイキャッチ画像.008

②選んだデータを結果セットに移す

アイキャッチ画像.010

③結果セットからデータを取得

アイキャッチ画像.010

図解のまとめ

なんとなくテーブルと結果セットとデータ取得の位置関係をわかっていただけたでしょうか?結果セットは真ん中に位置しているのが再度認識できますね。

この例だと必要ないように思えますが、MySQLではデータ取得をするときは、だいたい結果セットを経由します。

この例ではあまり結果セットの意味がわからないかもしれません。

しかし、欲しいデータの数が多くなったいり、テーブルが複雑になってくると結果セットが重要な役割となってきます。

ですのでしっかりとこのシステムを理解しておきましょう。

コードからみる結果セット

では実際にコードではどのように表しているのか見ていきましょう。

[php]
<?php
//成績テーブルから結果セットにデータをセットする=============================
$stmt = $dbh->prepare(‘SELECT 出席番号,英語 FROM 成績テーブル where 出席番号=2,3);
$stmt->execute();

//結果セットからデータを取得する==========
$array = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);

?>
[/php]

コードにしてコメントすると、図解したものがなんとなく繋がってきませんか?繋がってくれたらとても嬉です。

まとめ

結果セットについて少しでも理解していただけたでしょうか?この記事で少しでも結果セットのことについて理解を深めてもらえれば幸いです。

また、複雑な結果セットを作る場面になったとしても、この図解を思い出していただければ乗り越えられると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
一緒に勉強していきましょう。

byたくじろう

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする