【PHP】配列の作り方 初心者向け基礎

スポンサーリンク




はじめに

こんにちは、たくじろう(@takujiro_0529)です。今回はPHPの配列について一緒に勉強しようとおもいます。配列は想像以上に使う機会が多いので、絶対マスターしておきましょう。

配列マニュアル

4D702A55-7D0A-4DD9-892B-1B0901073B0F

初心者の私では何が何だかわからないです。

配列の使い方

普通の変数との違い

普通の変数と配列の基本的な使い方を見比べていきましょう。

$AAA = "AAAです。";
$AAA = "AAAその2です。";
$BBB[0] = "BBBです。";
$BBB[1] = "BBBその2です。";

echo $AAA.$BBB[0].$BBB[1];

F684692E-695C-4801-847A-35277FC2220E

上のコードを見てください。変数$AAAが2つと$BBBが2つあります。

$AAAの方は、2つ目の代入で上書きされてしまい、echoすると実行結果では1つ目は反映されません。

$BBBの変数の方は、[ ]がついていて中に番号が入ってますね。これは変数名が同じでも、数字が違うことでそれぞれ別の場所に格納されています。

実行結果を見てみると、3つの内容がしっかりと表示されているのが確認できますね。

変数の中身は?

次は変数の[]に数字を入れすに実行するとどうなるか見ていきましょう。

$BBB[0] = "BBBです。";
$BBB[1] = "BBBその2です。";

print_r($BBB);

1FE2D822-4E27-41DA-9C72-C29E4F9BB121

表示結果を見ると、[0]=>***,[1]=>***となってそれぞれの番号に値が収容されています。ちなみに「=>」は「矢印」を意味しています。

array関数を使った代入

先ほどの例だと、$BBB[0]と$BBB[1]にそれぞれ値を代入していました。今度はいっぺんに代入したいと思います。そこで「array関数」というものを使います。

関数と聞いてびっくりしないでください。さっきよりかなり簡単になります。ではコードを書いていきます。

$CCC = array("0番地","1番地");

print_r($CCC);

54D916B7-545D-49A5-82E9-500ED5A3C4AB

ソースコードと実行結果を見えください。array()と書き、その中にカンマで区切れば、ただの変数も簡単に配列を持った変数に変わります。先ほど$BBBにそれぞれ代入しているコードよりもかなりスマートですよね。

配列を組むときは、「array関数」を使っていきましょう。

連想配列

これまた重要な連想配列について勉強していきます。連想配列も聞いただけで、なんか難しそうって思いますよね。実は、これもまた簡単なんですよ。

ざっくりいいますと、配列の番号の部分を、「自分で考えた名前に変えちゃおう」ということです。なので、連想して中身がわかりやすくなる……連想配列!みたいな感じです。

また、配列の基本としての勉強を振る活用していきます。

//番地を番号ではなく、""で囲んで文字を入れている。
$AAA['フルーツ'] = "りんご";

/*
array関数を使い、"番地名"=>"値"という形で連想配列の形
を形成しています。さらにカンマで区切り、2つの連想配列を
代入しています。
*/
//連想配列 array("番地名"=>"値")
$BBB = array("色"=>"あか",
             "形"=>"まる");
print_r($AAA);
print_r($BBB);

ECAFF4C6-2521-48C6-965E-A9E44E5D35AE

さあさあ、配列の基礎をいっきに盛り込んでいきました。今回はコメントアウト付きでの説明となっています。

今回は実行結果のほうから先に見ていきましょう。

表示されている内容を前の実行結果と比べてみると、番号の部分に文字が入っているのがわかるでしょうか。これが連想配列の形です。

ではソースのほうも見ていきます。

連想配列を作るには、最初の「$AAA[‘フルーツ’]」のように[]を[‘文字’]に変えてあげるだけで作る方法があります。

そして、$BBBの方ではarray関数を使い、さらに「””=>””」として連想配列にして代入することもできます。

まとめ

配列の作り方など、勉強になったでしょうか?配列は基本的に使いますし、結構作り方などで時間を取られたりします(たぶん私が初心者だからだと思いますが…)。

しっかりと理解して、個人でどんどんチャレンジして使いこなせるようになりましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
一緒に勉強していきましょう。

byたくじろう(@takujiro_0529)

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする