結局どっちがいいの!?エルゴvsベビービョルン

抱っこ紐、、、悩みますよね。
いろんなメーカーさんから、いろんな種類の抱っこ紐が出ている中で、自分のライフスタイルだったり、子供の好き嫌いに合わせて選ばなくてはいけません。

子供が生まれてから買いに行くにも、まだまだ小さい我が子を連れて外を出歩くのは不安だし…

だからと言って、妊娠中に買いに行ったり、生まれてからネットで買ったとしても、赤ちゃんがその抱っこ紐を嫌がるかもしれません。

そんな中、我が家はまさに妊娠中に買って失敗したパターンでした。

スポンサーリンク




店舗に行って試着

赤ちゃんが生まれてから一ヶ月は、外出できないと聞いていたので、早めに必要なものは揃えておこうと思い妊娠中期の頃、赤ちゃん本舗に買いに行きました。

なんせ、初めての子だったので何もわからず、店員さんにいろいろ聞いたところやはりよく出るのは、有名なエルゴビョルンだと。

ここで、3キロの赤ちゃん人形をお借りして早速試着!

ベビービョルンを試着してみて

まずは、ベビービョルンから。
私たちが試着したのは、新生児から使えて腰ベルトもあるベビーキャリアONE+Airというもの。

見た目はメッシュ素材でスタイリッシュ。男性でもカッコよくつけられそう。

ベビーキャリアONE+という、メッシュ素材ではないものもありましたが、うちの子の予定日が9月の残暑の頃だったのでAirの方で。

後で違う店員さんに聞いたところ、ONE+の方はAirに比べて少し重いそう…

装着手順
①まず頭から抱っこ紐をかぶって腰ベルトをしめます。
②赤ちゃんを胸元に抱えて留め具を4箇所留めて終了です。
②-1. 右腰の留め具
②-2. 左腰の留め具
②-3. 右肩の留め具
②-4. 左肩の留め具

装着動画紹介
0.装着前の調整


1.着け方

2.首すわり前抱っこ

※動画引用:ベビービョルン公式ページ

私の印象としては、装着の工程が少し多いので少し手間かなと思いましたが、新生児の頃にインサートなしで使えるのはいいなー、と。

エルゴを試着してみて

続いてエルゴ。
エルゴもいろんな種類の形を出していましたが、とりあえずスタンダードな形のエルゴオリジナルを

見た目は、THEエルゴ!って感じ。ロゴが真ん中にあって、最近ではどこへ出かけてもこのロゴを見ない日はありませんね。カジュアルでどちらかというと、可愛らしい印象。

装着方法は、まず腰ベルトをしめてから、赤ちゃんを抱き肩を通します。肩甲骨のあたりにある留め具を留めて終了です。

しかし、ここで問題なのがこの装着方法ができるのは、首がすわってから。首がすわるまでは、インサートをつけなくてはなりません。

実はこれがとても面倒。

インサートは別売りです..

装着手順
①平らな場所にインサートを敷いてその上に赤ちゃんを寝かせます。
②インサートで包んだ状態の赤ちゃんを抱いて肩を通し留め具を留め終了です。

インサートは首がすわるまでの辛抱ということで、装着自体は簡単でした。

店舗で購入したのはエルゴ

実際に店舗で試着してみた結果、購入したのはエルゴです。

理由は、その試着だけではインサートを利用した時のの大変さがわからなかったのと、ビョルンの留め具の数が多かったからです。

では、エルゴの使い心地をここで発表します。。。

インサートの生地と、エルゴ本体の生地が摩擦で全然滑らないので、暴れる赤ちゃんを所定の位置まで持っていくのがとても大変。

いざいい位置に赤ちゃんを連れてこれたとしても、肩甲骨のあたりにある留め具を留めるには、片手ではできないので、赤ちゃんを支えていた手を離さなくてはなりません。

その時に、赤ちゃんの位置がずれてしまって、赤ちゃんはギャン泣き、それに慌てて焦って肩甲骨の留め具がうまく留められないという、負のスパイラルがおきます。

後ほどビョルン購入

赤ちゃん本舗へ行った際に改めてビョルンを息子を使って試着しました。

エルゴのインサートを入れて調節してといった作業と、留め具4つを留める作業では雲泥の差でビョルンの方が楽なことがわかりました。

なんだこの差は…!」と当時、なぜエルゴを購入したのかを疑うほどの簡単装着!
高い買い物でありましたが、こちらも購入。

今では前向き抱っこがお気に入りの息子には、ビョルンで前向きだっこで外に出歩いています。

新生児期の頼れるあいつ…

ここまで、エルゴ(インサート有り)vsベビービョルンone+Airの話をしていましたが
実は首すわり前に最適なベビービョルンのベビーキャリアオリジナルという抱っこ紐もあるんです!!!

私個人の意見としては、首すわり前まではベビービョルンのベビーキャリアオリジナルを使って、首すわり後にエルゴ(インサート無し)がベストだと思ってます。

ベビービョルンのベビーキャリアオリジナルは腰ベルトがないので、赤ちゃんの体重が全て肩に乗ってしまいます。

しかし、装着がとても簡単です。

まず肩紐に腕を通します
ウエストバックルを差し込みます
赤ちゃんを抱きかかえ左右4つの留め具を留めて完了です。

お店にもよるかもしれませんがだいたいのお値段が…


エルゴ オリジナル

約20,000円(デザインにより前後)
+
(オプションなし)
合計:20,000円


エルゴ オリジナル

約20,000円(デザインにより前後)
+
インサート

4,104円(税込)
合計:24,104円


エルゴ オリジナル

約20,000円(デザインにより前後)
+
ベビービョルンベビーキャリア オリジナル

6,800円(税別)
合計:26,800円


ベビービョルンベビーキャリア one+Air

20,000円(税別)
+
(オプションなし)
合計:20,000円


ざっとこんなかんじ。

ベビーキャリアone+Airは、子供が大きくなって、体重が重くなってきたときに肩のクッションが薄いので肩こりになりやすいです。

一方エルゴは肩のクッションが厚いので、子供が大きくなっても安心です。ただ、新生児期にはインサートを使わなくてはなりません。

そこで、インサートとそこまで値段の変わらないベビービョルンのベビーキャリアオリジナルを首すわり前にに使えば、インサート装着の煩わしさと、赤ちゃんの成長に伴って負担の増える肩こりから、一気に救われます!!!!!!!!!!!!

が、しかし!!!まさかのダークホース登場

な、なんと!!!

エルゴから、インサートなしで0ヶ月の首すわり前から使えるアダプトシリーズが発売されたのです!

それだけではなく、エルゴの他のシリーズでは、腰のベルト部分はベルトだけでしたが、アダプトシリーズでは腰パッドがついてるんです!

意外に、抱っこ紐をつけてると腰結構くるんです。うちの子は生後4ヶ月で体重6キロですが、嫁の腰はバッキバキで朝起き上がれなかったことも何度か。

8キロにまで成長した息子を試しにアダプトに入れて抱っこしてみたところ、腰まわりが非常に楽で、今買うならこれが一番おすすめです!

そして、メッシュタイプも登場!!

洗濯後の乾きも非常に早く、買うならメッシュタイプ一択だと思います。

⑴新生児期からインサートなしで使える
⑵腰パッド?がついている
⑶肩紐が分厚い

今まで悩んでたのは何だったんでしょう。。。
うちもこれにすればよかったと、ちょっと後悔。

まとめ

私個人の意見としては、買うならエルゴのアダプトがコスパ的にも実用的にもベストだと思います。
一つ残念なのは、前向き抱っこができないこと。

うちの息子は、前向き抱っこが大好きなのでそれがないのはちょっと痛いですが、やはりトータルで見るとアダプトなのかなーと思いました!

エルゴ アダプト

メリット
⑴肩紐が分厚い
⑵日よけのフードがついている
⑶首すわり前から使える
⑷腰パッド?がついている
⑸装着が簡単
デメリット
⑴人によっては装着が難しいと思う方もいる

ベビービョルンone+Air

メリット
⑴首すわり前から使える
⑵前向き抱っこが出来る
⑶装着が簡単
デメリット
⑴肩紐がエルゴに比べて薄い
⑵人によっては装着が難しいと感じる方もいる
⑶日よけのフードがついてない
⑷生後1ヶ月からしか使えない
ベビービョルン ベビーキャリア ONE+ Air

エルゴ オリジナル

メリット
⑴肩紐が分厚い
⑵日よけのフードがついている
⑶装着が簡単(インサート無しの場合)
デメリット
⑴首すわり前にはインサート(別売り)が必要
⑵インサートをつけての装着が難しい
⑶前向き抱っこが出来ない
⑷人によって装着が難しいと感じる方もいる
エルゴベビー オリジナル ヴィンテージブルー

ベビービョルン ベビーキャリアオリジナル

メリット
⑴首すわり前から使える
⑵装着が簡単
⑶前向き抱っこができる
デメリット
⑴腰ベルトがない
⑵人によっては装着が難しいと思う方もいる
⑶日よけのフードがついていない
⑷生後1ヶ月からしか使えない
ベビーキャリア オリジナル シティブラック

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする